アトピー性皮膚炎は三段階に分けて考えます

2019.2.4

中医学ではアトピー性皮膚炎の皮膚状態や体質などから『証』(病気の本質をあらわしたもの)を決定し、この『証』に基づいて漢方薬などを使っていきます。

治療には大きく3段階に分けて考えます。

第一段階

急性炎症期-赤いジュクジュク、ブツブツ、ただれた肌、激しい痒み、痛み、痒くて眠れないなど

邪気をとりのぞき炎症を抑えてつらい症状を消します。

 

第二段階

慢性安定期-ジュクジュクや腫れがなくザラザラ、ゴワゴワした肌が目立つ

邪気をとり炎症を抑えながら皮膚を潤し修復していきます。

 

第三段階

美肌期-皮膚の症状はないが乾燥肌、敏感肌である

潤いや体の弱い部分を補い、再発を防ぎ美肌をつくります。

 

最終目標である美肌までいかないと、また何かのきっかけで症状はぶり返してしまいます。皮膚症状が消えてもドライスキンが見られるようなときは治療継続していきましょう。

中医学によるアトピー性皮膚炎の最終目標は『再発を防ぎ、美肌をつくる』です。

再発しないためには肌の質を強化して生活養生をしていくことが肝腎になります。