ストレス対策

2018.8.15

いろいろな病気を引き起こすストレス

どのように対処していけばいいのでしょうか?

ストレス対策って、今はたくさんの方法が見受けられますよね。
そのたくさんある中でも米国心理学会では「5つ」の方法が推奨されています。

① ストレスの原因(ストレッサー)から離れる

② 笑う

③ 周囲からのサポートを得る

④ 運動する

⑤ マインドフルネス

① ストレスの原因から離れることができれば、ストレスは解消されるというのは当然ですよね。
② 「笑う」は医学的にもストレスが減少することはわかっています。
③ 一人でストレスの問題を解決するよりも、専門家などのサポートがあったほうが効率的ですよね。また、カウンセラーや親しい友人などに悩みを打ち明けただけでも気持ちがかなり楽になったりするものです。
④ 運動は「週に3回、30分間、やや息が上がる程度の運動」で効果があります。
運動をすると、副腎からストレスホルモンの分泌を抑えることができ、自律神経の刺激を減らすことでストレス反応の暴走を抑えることが分かっています。
⑤ マインドフルネスについては、説明が長くなるので別に分けてお伝えしますね。
マインドフルネスについて

 

 

ストレスはなぜあるのか?
ストレスが原因で起こる病気
マインドフルネスについて
ちょっと待って!そのストレス対処法