夏の養生について

2018.8.18

夏の暑さにへばってないですか?

しっかり食べられていますか?

ちゃんと寝られていますか?

夏に体調を崩す方は春に養生をしていなかったかもしれませんね。

季節の養生は、次の季節を快適に過ごすためのものです。

夏の養生は秋冬に体調が崩れないようにするもの。

とくに毎年のように秋冬に体調が悪くなる方は、夏の時期からしっかり準備しておきましょうね。

 

夏は「陽」を養う季節

夏は生命活動の原動力といわれる「陽気」が最も盛んになり、体の血の巡りも良くなる時期です。

陽気盛んなこの時期を利用して体の中に陽気をたくさんとり入れましょう。

・夏の暑さを嫌がらずに楽しみましょう。

クーラーに頼りすぎないようにしましょう。

・汗をかける体になりましょう。

体に熱がこもらないように適度に汗をかいて発散しましょう。軽い運動をしたり、夏でも湯船につかったりしましょう。(多量の発汗はよくありません)

 

『度を越えた暑さ』は邪気(暑邪)となり、体に害を及ぼして不調の原因となります。

・大量の汗がでる
・顔がほてる
・体に熱感を感じる
・頭がボーっとする
・口が渇く
・熱がこもって寝付けない

これらは暑邪の影響をうけた症状です。

さらにめまいや吐き気が出たら大変危険な状態ですので、涼しい所に移動して体を冷ますなど早めの対応をしてくださいね!

 

体を冷やし過ぎないように!

体の冷やしすぎは陽気を消耗してしまいます。

暑い場所とエアコンのよくきいた場所では温度差が大きいため、体の反応が追いつかずに自律神経のバランスが乱れる場合もありますので温度差にも気をつけましょう。

エアコン設定は28度くらいまたは除湿機能を活用しましょう。

仕事場で設定が変えられない時はブランケットなどで対策しましょう。

暑いからとシャワーで済ませるのではなくしっかり入浴しましょう。

扇風機はなるべく直接、体に当たらないようにしましょう。

汗をかいたまま冷たい風にあたると邪気が侵入しやすくなるので汗はこまめに拭くようにしましょう

食養生

熱をとる「苦味」のもの、潤いつくる「酸味」+「甘味」のものを多く摂るとよいでしょう

スイカ、きゅうり、苦瓜、冬瓜、トマト、小豆、レンコン、レモン、緑茶、麦茶など

水分補給は常温適量を心がけましょう。冷たい飲食の摂りすぎは胃腸を傷めますので注意しましょう。

胃腸は飲食からエネルギーを作り出す大切な場所です。

胃腸が冷えて弱るとエネルギーを上手く作ることができずにバテやすくなります。

冷たいアイスを食べる時は一緒に温かい飲み物を飲んだり、蕎麦や冷や奴など冷たい食べ物にはネギや生姜等の薬味を使ったりして胃腸を冷やしすぎない工夫をしましょう。

スポーツドリンクは吸収が早く、大量に汗をかく激しいスポーツや熱中症などの緊急時に飲むのはいいのですけど、普段から飲むのは糖分が高くオススメしません。麦茶、緑茶などがよいですね。

漢方薬では『麦味参顆粒』が疲れを回復し汗を抑えて潤いを与えてくれるのでオススメです。

お薬はご郵送もできますのでご相談くださいね。

草場漢方薬局のLINE公式
または

ご予約・お問い合わせ