心脾顆粒(しんぴかりゅう)

2019.7.9

現代人にとても多いストレスや考え過ぎによる脳の疲れは、五臓の『心』や『脾』に影響を及ぼして、その機能を低下させてしまいます。

中医学でみると心には『血液を全身に巡らせる』『精神、意識、思考をコントロールする』働きがあります。

心の機能が低下すると、物忘れ、人の話が理解できない、焦燥感、不安、眠りが浅い、不眠、緊張、動悸などが起こります

また、脾には『飲食物を消化吸収してエネルギーである気や栄養となる血を作る』『血管から血液がもれないようにする』働きがあります。

脾の機能が低下すると、食欲不振、消化不良、疲労感、皮下出血、生理不順などが起こります。

 

心脾顆粒は、心と脾の2つの不調を改善する漢方薬になります。

 

心身が弱って無気力で、精神が不安定な方にはとてもよい漢方薬です。うつ症状や不眠にもよいです。

心血を補うことで精神を安定させて、脾気を補うことで胃腸を元気にします。

血を作るような漢方薬を飲むと胃がもたれたりする方もいますが、心脾顆粒はとても優しい漢方薬なので、胃腸の弱い方にも安心して使っていただけます。

 

精神的に不安定で元気がない方、血を増やしたいけれど胃腸の弱い方、不正出血がある方、妊娠された方の流産防止にも心脾顆粒を使っています。

心脾顆粒が気になる方はぜひご相談くださいませ。

草場漢方薬局のLINE公式
または

ご予約・お問い合わせ